WEB ちばサイくん

 「千葉市は日本のロケット研究発祥の地」記念碑

ちばサイエンスの会

2017年12月4日更新

「千葉市は日本のロケット研究発祥の地
ロケット記念碑を建立し、多くの人に想いを伝えたい

 日本で始めてのロケットの研究開発が、西千葉の東京大学生産技術研究所、
今の千葉大学の地で1954年に開始されました。
充分な部品や機械、お金がない当時の日本で、宇宙を夢見てロケット開発に
没頭した人たちがいたのです。その後、数々のチャレンジを経て、日本は今や
世界のトップレベルのロケットを打ち上げています。
 ちばサイでは、 この輝かしい科学の歴史の地を、郷土の誇りとして、多くの方々に
伝えたく、「千葉市は日本のロケット研究発祥の地記念碑 」を西千葉駅前に設置しました。


この記念碑は多くの賛同者の寄付によって建立、千葉市に寄贈
されました。


記念碑碑文


■建立趣意書


問合せ ちばサイ事務局

WEB ちばサイくん >  千葉は日本のロケット研究発祥の地

ちばサイエンスの会