「子どもミュージカル体験会」<子どもゆめ基金助成事業> レポート3

「ミュージカル体験会」第3回を、11月6日(土)松戸市民開館音楽室に
24名にて、10時〜12時まで行いました。3回目になると、子ども達も
リラックスして打ち解けてきたようで、少しずつ賑やかになってきた
ような気がします。

先ずは雑貨団の方の指導によるストレッチ。思ったより固い子が多いですね。
それから顔をほぐします。顔を動かさずに、目鼻口をおもいきり左右上下へ
動かすのですが、雑貨団の小林さんの見本顔、なかなか怖くて笑えました。
そして顔の真ん中にきゅうっと集めて、ばあっと広げる。顔がほぐれると、
滑舌が良くなるそうですよ。それから歩きのレッスン。軽い駆け足から徐々に
ゆっくりとスローモーション歩きにして、また徐々に普通歩き、その中に
時々ストップが入ります。

次は、前回お休みだった子と雑貨団の方達の特技発表です。
子ども達は、ダンス・フルート演奏・けん玉・空手の型など、みんな照れ
ながらもなかなかの腕前でした。雑貨団の皆さんの物まね・ダンス・ヨーヨー
の発表は、さすがに動きも大きく堂々としていました。

石川先生による歌のレッスンは、軽く声を出した後、テーマ曲の「宇宙を
夢見て」を歌いました。子ども達は高い音の方が綺麗だということで、キーを
上げることになりました。

10分間の休憩の後は、劇場用語の上手・下手など、舞台で指示が出された
時に動く方向を習った後、舞台は危険がいっぱいなので、舞台上で気を付ける
ことを教えてもらいました。それには、他人の話を良く聞いてルールを守る
ことだという話に、子ども達は耳を傾けていました。

次は新曲のレッスン。テーマ曲とはガラリと変わったラップです。
手と足で“ズン・チャ・ズンズン・チャ”とリズムをとります。苦戦する子も
いましたが、なんとか大丈夫かな?。リズムを覚えた後は、4グループに
分かれて歌の掛け合いです。ラップのリズムに乗って、歌詞のイメージを
膨らませるように歌ってと言われ、少しずつ声も大きくなりました。
最後に、もう一度「宇宙を夢見て」を歌って第3回目の練習が終わりました。
声も出てきて、手応えが感じられましたよ。新曲も加わり、だんだんミュージ
カルという雰囲気も出てきて、レッスンが楽しくなってきたのではないで
しょうか。

 次回の練習は11月20日(土)、松戸市民開館音楽室にて、10時〜12時です。

レポート1 レポート2 レポート3 レポート4 レポート5
レポート6 レポート7 レポート8 レポート9 レポート10